旅日記 コルカタ インド編⑥

コルカタ     コルカタ、別名カルカッタとも呼ばれるこの地は、駅から出てすぐにココがそうであると認識できるほど熱気と活気に溢れる街であった。 そこら中に散らばったゴミ、それに群がるカラス達、店頭に並んだ魚や肉の生臭い匂い、喧嘩をしているような人々の話し声、車のクラクション。うるさい、汚い、臭いの三拍子である。僕らはまず、インドでも今では珍しいリアカー式の人力リキシャに乗って安宿の集まる地区”サダルストリート”へと向かった。 リキシャを降りるや否や、通りにいる若者達に話しかけられる。それも流暢な日本語だ。かなり怪しい。このサダルストリートはバックッパッカー達が集うことで有名なエリアで、それを狙った怪しいやつも多い。後から宿のおっさんに、「日本語で話しかけてくるやつには絶対に着いて行くな」と注意された。実際に被害にあった者も宿に何人かいるようだ。マリアという安宿に泊まった。値段は交渉して一人300か250rsだったか、はっきりとは覚えていない。ムンバイ、デリーと並び、大都市であるコルカタも宿の相場は少し高めのようだ。 部屋で休んでから昼飯を食べに出かける。ダージリンで知り合った男性に教えてもらった”ブルースカイ”というレストランへと向かうことにした。ここは宿からもとても近く、店内はクーラーも効いているのでとても快適だ。僕はここでPaneer Tikka

More